フラット35とは

フラット35とは長期間固定金利型の住宅ローンの一つとして住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供しているものです。居住用の住宅を購入する際に最長で35年間の借り入れをすることができるのが特徴になっています。

フラット35に関する疑問にお答えします!

固定金利とは何ですか

フラット35で採用している固定金利とは、借り入れをしてから返済が終わるまで金利が一切変動しないものです。金利の見直しがないので返済額が上下する心配がありません。

いくらからいくらまで借りられますか

フラット35では100万円から8000万円まで一万円単位で借りることができます。ただし、借り入れの上限額については金融機関による審査を受けて個々に決定されるので注意が必要です。

床面積について条件がありますか

フラット35で一戸建て住宅などを建てる場合には70平方メートル以上の床面積が必要です。また、マンションやアパートなどを購入するときには30平方メートル以上の床面積で良いとされています。

店舗併用住宅を建てたいのですが利用できますか

店舗併用住宅に対してもフラット35は利用可能ですが満たさなければならない条件があります。住宅部分の床面積が店舗部分の床面積よりも広くなっていれば利用可能です。

35年間借りる必要がありますか

フラット35はあくまで最長で35年間まで借りられるだけであって短い期間での借り入れも可能です。場合によっては35年間借りられない場合もあります。

フラット35の住宅ローンサービスを利用して住宅を購入

硬貨と人形

急な借り入れにも対応!消費者金融のメリット

お金を借り入れする方法として消費者金融に相談する方法がありますが、必要な資金を簡単かつ迅速に手に入れられる点がメリットです。大阪のように多数の消費者金融があるときにはいくつも審査を受けていれば一つは審査を通過して即日でお金を借りるのも難しくありません。迅速な対応を心がけている消費者金融が増えていて、即日融資を基本としているケースが大半を占めるようになっているからです。また、審査の基準が低めに設定されていて、収入があまりない人でも審査を通過しやすくなっています。審査を通過してしまえば借入可能額の枠内でいつでも気軽にお金を借りられるのもメリットであり、困ったときのために審査は受けておくという人も少なくありません。

主婦でも利用できるカードローンとは?

カードローンは銀行が提供している気軽にお金を借り入れできるサービスです。審査を受けてカードを発行してもらうとATMなどからいつでも気軽にお金を借りることができます。カードローンは貸金業法の影響を受けない銀行が行っている融資なので、収入がない主婦であっても借り入れできる可能性が高いのが魅力です。夫に収入があれば返済能力があると認めてもらえるからであり、同様のことが学生に対しても言えます。また、夫婦ともにあまり収入がなくて借り入れが難しいという場合でも夫婦でまとめてみると返済能力があると考えてもらえて審査を通過できるのが一般的です。収入が低いと借入可能額が低くなるのは確かですが、誰でも借りられる可能性が高い点で魅力があるサービスです。

主流になりつつあるネットキャッシングとは?

お金を借りたいというときにネットキャッシングを利用するケースが増えてきました。ネットキャッシングは一般の消費者金融が行っている融資サービスであり、ネット上で全ての取引ができるようになっているのが特徴です。審査の申し込みからネット上で実施可能であり、融資を受けるときにもネットから申し込んで銀行口座に必要な金額を振り込んでもらえる仕組みになっています。返済についても毎月の返済額を振り込むか自動引き落としをしてもらう形になっていて、店頭に行く必要が一切ありません。ネットキャッシングがよく利用されるようになっているのは審査基準が比較的低くて通過しやすいと言われているだけでなく、即日融資が可能なものが多くなっているからです。

不動産担保ローン申し込み手順

仮審査の申し込み

不動産担保ローンを利用するときにはまず仮審査を申し込みます。担保にする不動産についての基本的な情報を入力し、借りたいと考えている金額なども合わせて連絡する手続きです。

正式審査の申し込み

仮審査を申し込むと即日から一週間程度で結果通知が届きます。次に行うのが正式審査の申し込みです。この際には本人確認書類や不動産の登記済証などの証明書類を揃えて送ることになります。

正式審査の結果通知

正式審査にかかる時間は一週間から二週間程度が一般的ですが、場合によっては一ヶ月近くかかることもあります。これによって不動産担保ローンの保証会社からの許可が下りて契約可能になるのです。

銀行と保証会社と契約

正式審査を通過したら借り入れをする銀行との間で契約を結び、それと同時に保証会社とも契約を締結して保証料を収めます。このときに借り入れを開始する日と金額を決定するのが基本です。

借り入れの開始

契約の際に定めた日に申し込んだ金額のお金が指定した口座に振り込まれます。これによって借り入れが開始されますが、金利については借り入れをした日の金利が適用されるのが原則です。